Tokyo Art Directors Club

〈2022年度の募集は締め切りました。ご応募いただき、ありがとうございました。〉

ART DIRECTION JAPAN/日本のアートディレクション2022
作品応募要項

本年度、グラフィック部門は実物でのご応募、コマーシャルフィルム、オンスクリーンメディア部門は、オンラインでのご応募となります。
また、2021年5月1日から2022年6月30日までに日本国内にて発表、使用、掲載されたものを対象に募集いたします。(コロナ禍により対象期間が変則となります)
以下の応募要項をご確認のうえ、各部門それぞれの提出方法によってご応募いただきますようお願いいたします。

応募期間・お問い合わせ先

応募期間

⑩コマーシャルフィルム部門  
⑪オンスクリーンメディア部門
2022年7月12日(火)~7月19日(火)24時

①ポスターA部門  
②ポスターB部門  
③新聞広告部門  
④雑誌広告部門
⑤ブック&エディトリアル部門  
⑥ジェネラルグラフィック部門
⑦パッケージ部門  
⑧環境空間部門  
⑨CI,マーク&ロゴタイプ部門
○作品を持参する場合
2022年8月29日(月)14時~18時
○作品を送付する場合(郵便、宅配便、バイク便)
2022年8月18日(木)~8月25日(木)
※詳しくは、グラフィック作品受付についてをご覧ください。

お問い合わせ

adc-annual@nifty.com

応募規定

  • ①応募作品は、2021年5月1日から2022年6月30日までに日本国内にて発表、使用、掲載されたものに限ります。(コロナ禍により、今年度は対象期間が変則になりますので、ご注意ください)
    ただし、ポスターB、ブック&エディトリアル、ジェネラルグラフィック、パッケージ、環境空間、CI,マーク&ロゴタイプ部門については、日本在住のアートディレクターが制作した場合、海外で発表されたものも応募可となります。 未発表のもの、プレゼンテーションのための作品、卒業制作など学校の授業で制作された作品は応募できません。
  • ②出品いただいた作品の部門について、審査および編集段階で部門が変更される場合があります。
  • ③同一クライアント・同一イメージの作品が、複数部門での受賞、もしくは年鑑収録となった場合、編集委員会の判断により掲載しない部門が出てくることがあります。
  • ④スタッフにADC会員が入っている場合、会員作品か一般(非会員)作品か検討のうえ、出品してください。
  • ⑤審査後、年鑑収録が決まった場合、別途該当する作品の画像データなどの提出をお願いすることとなります。
  • ⑥応募作品は一切返却いたしません。

応募フォーム

○応募フォームは、「会員用」と「一般(非会員)用」に分かれています。
 ※ADC会員は、「審査員」の項目に掲載されているメンバーとなります。

オンスクリーンメディア

応募フォーム入力上の注意事項

  • ①応募フォームが年鑑の原稿になります。すべて正確に記入してください。
    記入のないスタッフ名は年鑑には収録記載されません。
  • ②外国籍の人はカタカナで記入してください。欧文は名、姓の順に記入してください。
  • ③シリーズは、同一部門内の作品に限定されます。部門をまたいでのシリーズはありません。
    (例えば、ポスターと新聞広告を組み合わせてのシリーズは認められません)
  • ④シリーズ作品は、シリーズ点数の欄に作品点数を記入してください。
  • ⑤広告主の欧文表記は、正式な綴りを広告主に確認のうえ、正確に記入してください。
  • ⑥プロダクションの欄には制作会社名を記入してください。
    エージェンシーの欄には広告代理店名を記入してください。
    該当する会社がない場合は記入不要です。
  • ⑦アートディレクター、クリエイティブディレクターは、連絡先も記入してください。
    コマーシャルフィルムの場合は、フィルムディレクターの連絡先も記入してください。
    住所が会社の場合は、会社名、部署名まで記入してください。
  • ⑧応募フォームの「問い合わせ先」の欄は、スタッフデータを確認するためのものです。
    担当者名を記入してください。
  • ⑨作品名は、広告作品ならば商品名または催し物などの名称を、ブック&エディトリアルなら書名、誌名(号数)を記入してください。
  • ⑩コピーライターが2人以上の場合は、2人までを代表者として連記してください。
  • ⑪所定の欄以外のスタッフ名は、作品のクオリティに決定的な役割を果たしているスタッフかどうかを検討のうえ、記入してください。
  • ⑫所定の欄に該当するスタッフ全員を書き切れない場合は、1つの欄に連記してください。
    もしくは、「フリー追加項目」の欄を利用してください。その場合はスタッフの肩書きを記入してください。
    作品によってスタッフが違う場合は、スタッフ名の末尾に実際の作品と照合できる情報を入れてください。(例:1月号など)
  • ⑬スタッフ名は、編集段階でクリエイティブワークのすぐれたスタッフのみに割愛させていただく場合があります。
  • ※コマーシャルフィルム応募フォーム入力の際は、下記についても注意してください。
    ・アートディレクター欄は、CF全体の特にアート面について責任を持ち、フィルムディレクターを直接ディレクションした人に限り、記入してください。フィルムディレクターが中心の場合はアートディレクター欄を空欄にしてください。
    ・企画面での最高責任者は、クリエイティブディレクター欄に記入してください。
    ・スタッフ名は、実際にクリエイティブ作業に携わった人の名前のみを記入してください。

部門別注意事項および出品手数料

出品手数料は、消費税込みです。
一度納付された出品手数料は、理由の如何にかかわらず返却いたしません。
台紙に貼られた作品は、保管、運搬の際、重ねて扱います。重ねて整理できないものについては、台紙の出品手数料に加算して、それぞれの貼付物の料金も、⑦パッケージ部門の出品手数料の算出方法に準じて納付していただきます。

① ②ポスターA/B

ポスターA 商業広告(商品広告・企業広告)
ポスターB その他(公共・演劇・展覧会など)

  • ○パネルや台紙に貼らないで、そのまま提出してください。
  • ○シリーズ作品は、テープなどでつなげずに提出してください。
    並べ順に特に注意がある場合は、指示書をご提出ください。
  • ○ポスターを巻いて持参、送付する場合は、ポスターの表面(おもてめん)が外側になるようにしてください。
  • ○ビルボードは、ポスター部門への応募となります。
    B1もしくはB倍サイズに出力したものを提出してください。(B1より小さいサイズでの出品は不可です)
    ただし、掲示風景を主体とした作品を提出する場合は、⑧[環境空間]部門への応募となりますので、ご注意ください。

出品手数料

(1)B1サイズまで=5,000円×枚数
(2)B倍=8,000円×枚数
(3)B倍より大きいものは、B倍の大きさを基準に算出していきます。
(4)特殊ポスター(立体、添付物のあるものなど)=10,000円×枚数

③新聞広告

  • ○最終校正刷りを、ケント紙程度の厚さの黒い台紙に貼ってください。

出品手数料

  • (1)1点=2,000円×枚数
    • ○1点とは、1ページ(全15段)を指します。
      1見開き(全30段)の場合は、1点×2枚分となります。
    • ○シリーズ作品は、台紙をつなげて貼ってください。
      ※作品の大きさに合わせて余白をとってください。ただし、あまり余白をとりすぎないように注意してください。
  • (2)小サイズ(全5段、半5段など)のシリーズ広告の場合は、B2サイズまでの台紙にまとめてください。
    • 台紙(B2相当サイズ)1枚=3,000円×枚数
    • ※「B2相当」とは、例えば、B3を2枚つなげて貼ったものも「B2相当」となります。
    • ○シリーズ作品は、台紙をつなげて貼ってください。

④雑誌広告

  • ○裏側の印刷が透けないよう、ケント紙程度の厚さの黒い台紙に貼ってください。

出品手数料

  • (1)1点=2,000円
    • 1シリーズ3点まで=4,000円。それ以上は、1点ごとに1,000円ずつ加算。
    • ○1点とは、1ページあるいは見開きページを指します。
    • ○シリーズ作品は、台紙をつなげて貼ってください。
      ※作品の大きさに合わせて余白をとってください。ただし、あまり余白をとりすぎないように注意してください。
  • (2)1ページ未満の小サイズのシリーズ広告の場合は、B2サイズまでの台紙にまとめてください。
    • 台紙(B2相当サイズ)1枚=3,000円×枚数
    • ※「B2相当」とは、例えば、B3を2枚つなげて貼ったものも「B2相当」となります。
    • ○シリーズ作品は、台紙をつなげて貼ってください。

⑤ブック&エディトリアル

  • ○雑誌、単行本、画集、写真集、辞書、豪華本、展覧会カタログなどの装幀、および造本は、本体をそのまま提出してください。
  • ○エディトリアルデザインでは、1ページあるいは見開きページを、ケント紙程度の厚さの台紙に貼ってください。
  • ○会社案内、広報誌など非売品の冊子類は、⑥[ジェネラルグラフィック]部門に応募してください。

出品手数料

  • (1)文庫、新書、A5判より小さいサイズは、本体1点=2,000円×冊数
  • (2)A5判以上のサイズは、本体1点=3,000円×冊数
  • (3)大型本は、本体1点=4,000円×冊数
  • (4)本文を提出する場合
    • B3(364×515mm前後)またはB2(515×728mm前後)サイズの台紙にまとめて貼ってください。
    • 台紙(B3サイズ)1枚=4,000円×枚数
    • 台紙(B2サイズ)1枚=8,000円×枚数
    • ○シリーズ作品は、台紙をつなげて貼ってください。
  • (5)雑誌の表紙を提出する場合
    • B3(364×515mm前後)またはB2(515×728mm前後)サイズの台紙にまとめて貼ってください。
    • 台紙(B3サイズ)1枚=4,000円×枚数
    • 台紙(B2サイズ)1枚=8,000円×枚数
    • ○シリーズ作品は、台紙をつなげて貼ってください。

⑥ジェネラルグラフィック

  • ○DM、カレンダー、ノベルティグッズ、PR誌、CD、DVDなど、実物で応募してください。
  • ○非売品、販促用の無料配布物は、この部門に入ります。
  • ○インターネットなどのデザインは、⑪[オンスクリーンメディア]部門に応募してください。

出品手数料

  • (1)ページもの
    • ○会社案内、広報誌など非売品のパンフレット、カタログなどが対象です。
    • ○展覧会カタログ、映画パンフレットなど販売されているページものは、⑤[ブック&エディトリアル]部門に応募してください。
    • 本体1点=3,000円×点数
    • ○展開例を提出する場合は、B3(364×515mm前後)またはB2(515×728mm前後)サイズの台紙にまとめて貼ってください。
    • 台紙(B3サイズ)1枚=4,000円×枚数
    • 台紙(B2サイズ)1枚=8,000円×枚数
    • ○シリーズ作品は、台紙をつなげて貼ってください。
  • (2)カレンダー
    • 本体1点=3,000円×点数
    • ○展開例を提出する場合は、B3(364×515mm前後)またはB2(515×728mm前後)サイズの台紙にまとめて貼ってください。
    • 台紙(B3サイズ)1枚=4,000円×枚数
    • 台紙(B2サイズ)1枚=8,000円×枚数
    • ○シリーズ作品は、台紙をつなげて貼ってください。
  • (3)チラシ、DM、シール、名刺、レターヘッドなど細かいもの
    • B3(364×515mm前後)またはB2(515×728mm前後)サイズの台紙にまとめて貼ってください。
    • 台紙(B3サイズ)1枚=4,000円×枚数
    • 台紙(B2サイズ)1枚=8,000円×枚数
    • ○シリーズ作品は、台紙をつなげて貼ってください。
  • (4)立体のもの

⑦パッケージ

  • ○実物で応募してください。
  • ○台紙貼りでの出品はご遠慮ください。
    作品本体を置く台紙をご提出された場合は、以下の「(6)大きなもの、提出不可能な作品」の台紙の出品手数料に準じて納付していただきます。(B3、 B2以外の台紙の場合も、 B3、 B2を基準として計算します)
  • ○CD、DVDなどは、⑥[ジェネラルグラフィック]部門に応募してください。

出品手数料

  • (1)商品単体
    1点=3,000円×点数
    長さ70cmを超えるもの1点=4,000円×点数

  • (2)同一ブランドのラベルバリエーション
    1シリーズ3点まで=4,000円。
    それ以上は、1点ごとに1,000円ずつ加算。

  • (3)同一ブランドの形態バリエーション
    1シリーズ3点まで=4,000円。
    それ以上は、1点ごとに1,000円ずつ加算。

  • (4)箱入り(一体型)
    外箱を1点、中身全体で1点と数え、計2点=4,000円。

  • (5)箱入り(個別型)
    箱と大きさ、形、色などが異なる中身をそれぞれ単体として見せる場合は、全体を「シリーズ」と考え、1シリーズ3点まで=4,000円。それ以上は、1点ごとに1,000円ずつ加算。

(6)大きなもの、提出不可能な作品
カラープリント、出力紙などを、B3(364×515mm前後)またはB2(515×728mm前後)サイズの台紙にまとめて貼ってください。
台紙(B3サイズ)1枚=4,000円×枚数
台紙(B2サイズ)1枚=8,000円×枚数
○シリーズ作品は、台紙をつなげて貼ってください。

⑧環境空間

  • ○サイン、ディスプレイ、舞台美術、イベント・展覧会場などが対象です。
  • ○建築およびインテリアは含まれません。
  • ○デジタルサイネージ、プロジェクションマッピングは、⑪[オンスクリーンメディア]部門に応募してください。
  • ○ビルボードは、①[ポスターA]部門もしくは②[ポスターB]部門に応募してください。ただし、掲示風景を主体とした作品を提出する場合は環境空間部門への応募となります。

出品手数料

カラープリント、出力紙などを、B3(364×515mm前後)またはB2(515×728mm前後)サイズの台紙にまとめて貼ってください。
台紙(B3サイズ)1枚=4,000円×枚数
台紙(B2サイズ)1枚=8,000円×枚数
○同一テーマの作品は、台紙をつなげて貼ってください。
○参考作品として、映像を提出する場合は、
2022年8月18日(木)24時までに、
参考動画応募用アドレス adc_annual@icloud.com 宛に、以下をメールにてお送りください。
A)参考動画
B)作品名、広告主名、部門名、AD名、参考動画の秒数
※参考動画をあわせて提出する場合、作品本体に貼付、添付する「応募フォーム」の作品名の末尾に必ず「参考動画あり」と記入してください。

  • 参考動画
    45秒まで:1点=30,000円
    46~90秒:1点=50,000円
  • ・データ形式:QuickTime Movie
  • ・拡張子:.mov
  • ・画角(ピクセル):1920×1080(Full HD)もしくは1280×720(Half HD)
    ただし、Half HDは審査時にFull HDサイズに拡大されます。
    そのため画質が劣化することをご了承ください。

※90秒を超えた場合は、超過秒数分を、上記の出品手数料に準じて加算し、納付していただきます。
(例:120秒の場合は50,000+30,000=80,000円)

参考動画の出品手数料は、後日、お支払いの手続きをメールにてご案内いたします。
出品手数料が納付された後、応募完了となります。
(作品本体は、持参もしくは送付受付の、それぞれの規定に沿ってお支払いください)

⑨CI,マーク&ロゴタイプ

出品手数料

マーク、ロゴタイプは、
B4(257×364mm前後)サイズの台紙に、適宜余白をとり、1点ずつ貼ってください。
1点=2,000円×点数

  • ○展開例を提出する場合は、
    B3(364×515mm前後)またはB2(515×728mm前後)サイズの台紙にまとめて貼ってください。
    台紙(B3サイズ)1枚=4,000円×枚数
    台紙(B2サイズ)1枚=8,000円×枚数
  • ○シリーズ作品は、台紙をつなげて貼ってください。
  • ○台紙に貼ることのできない作品は、⑦[パッケージ部門]部門の出品手数料の算出方法に準じます。
  • ○展開例は、他の部門への重複出品も可能です。

⑩コマーシャルフィルム

  • ○作品は、オンエアされたものに限ります。
  • ○ミュージックビデオ、プロモーションビデオ、ウェブは、⑪[オンスクリーンメディア]部門に応募してください。
  • ○同一主題で放映秒数違いの作品は、必ず代表作1点に絞ってください。
  • ○以下を応募フォームに入力してください。
    • ・作品情報・クレジット
    • ・作品を閲覧することができるURL、または、作品データがダウンロードできるURL(無料リンク)
      アップロードデータの保持期間は、1ヶ月以上で設定してください。
  • ○作品は、QuickTimeの動画ファイルで提出してください。
    CF1タイプにつき1ファイル作成してください。
  • ○ファイルは以下にて作成してください。
    • A)ファイル名:半角英数字で、作品がわかるような名称にしてください。
    • B)データ形式:QuickTime Movie
    • C)拡張子:.mov
    • D)コーデック(映像):ProRes 422
    • E)画角(ピクセル):1920×1080(Full HD)もしくは1280×720(Half HD)
      ただし、Half HDは審査時にFull HDサイズに拡大されます。
      そのため画質が劣化することをご了承ください。
    • F)フレームレート:29.97fps
    • G)コーデック(音声):リニアPCMもしくはAIFF
      ステレオ音声の作品は、ステレオ設定になっているかご確認ください。
    • H)サンプリングレート:48kHz
    • I)ビット数:16bit
    • J)その他:内容把握のため、クレジットを入れてください。
      (クレジットの秒数指定はありません)
      カラーバー、前後の捨てカットは必要ありません。
       ※指定のファイル以外での応募は再提出をお願いすることとなります。

出品手数料

60秒まで:1篇=12,000円×篇数 (例:1シリーズ3篇の場合は36,000円)
61~90秒:1篇=30,000円×篇数
91~120秒:1篇=40,000円×篇数
121~150秒:1篇=50,000円×篇数
151~180秒:1篇=60,000円×篇数

※180秒を超える作品は、180秒以内に編集して出品してください。

出品手数料は、後日、お支払いの手続きをメールにてご案内いたします。
出品手数料が納付された後、応募完了となります。

⑪オンスクリーンメディア

○コンピュータメディアや映像メディアを主体としたアートディレクションが対象です。

(1)ウェブ、アプリケーション
以下を応募フォームに入力してください。
  • ・作品情報・クレジット
  • ・作品を閲覧することができるURL、または、作品データがダウンロードできるURL(無料リンク)
    アップロードデータの保持期間は、1ヶ月以上で設定してください。
  • ・作品紹介PDF(特徴的な静止画像、試聴環境、内容・見どころをA4サイズ縦1枚にまとめたもの)
  • ・参考動画(動作の様子、特徴的なシーンを90秒以内に編集したQuickTime Movieの動画ファイル。提出は任意)
  • ・アプリケーションの場合、それが動作するプラットフォーム
      (iOS10.0 以上 / Android 6.0 以上 / Mac OS 10.11 以上 / Windows 10 以上に限定します)

出品手数料

1点=15,000円×点数

※参考動画は90秒以内となっていますが、90秒を超えた場合は、以下の出品手数料を納付していただきます。
<参考動画超過秒数>
91〜180秒:1点=20,000円×点数
181〜300秒:1点=30,000円×点数

(2)ウェブムービー
(3)映像一般(ミュージックビデオ、デジタルサイネージ、プロジェクションマッピングなど)

以下を応募フォームに入力してください。
  • ・作品情報・クレジット
  • ・作品動画データがダウンロードできるURL
    アップロードデータの保持期間は、1ヶ月以上で設定してください。
  • ・作品紹介PDF(特徴的な静止画像、内容・見どころをA4サイズ縦1枚にまとめたもの)
  • ・作品動画のファイルは以下にて作成してください。
  • A)ファイル名:半角英数字で、作品がわかるような名称にしてください。
  • B)データ形式:QuickTime MovieもしくはMP4
  • C)拡張子:.movもしくは .mp4
  • D)コーデック(映像):ProRes 422 もしくは H.264
  • E)画角(ピクセル):1920×1080(Full HD)もしくは1280×720(Half HD)
    ただし、Half HDは審査時にFull HDサイズに拡大されます。
    そのため画質が劣化することをご了承ください。
    ※指定のファイル以外での応募は再提出をお願いすることとなります。

出品手数料

90秒まで:1点=15,000円×点数
91~180秒:1点=20,000円×点数
181~300秒:1点=30,000円×点数

※300秒を超える作品は、300秒以内に編集して出品してください。300秒を超えた場合は、超過秒数分を、上記の出品手数料に準じて加算し、納付していただきます。
(例:350秒の場合は30,000+15,000=45,000円)

出品手数料は、後日、お支払いの手続きをメールにてご案内いたします。
出品手数料が納付された後、応募完了となります。

グラフィック作品受付について

以下の部門が対象となります。
①ポスターA部門  
②ポスターB部門  
③新聞広告部門  
④雑誌広告部門
⑤ブック&エディトリアル部門  
⑥ジェネラルグラフィック部門
⑦パッケージ部門  
⑧環境空間部門  
⑨CI,マーク&ロゴタイプ部門

作品を持参する場合

2022年8月29日(月)14時~18時

五反田TOCビル(本館)13階
東京都品川区西五反田7-22-17
JR山手線、都営浅草線、五反田駅より徒歩8分。
東急池上線大崎広小路駅より徒歩5分。東急目黒線不動前駅より徒歩6分。
JR五反田駅からTOCビルへの無料シャトルバスも利用可。
TOCビル下車。運行は8分間隔。

1日のみの受付です。できるだけ早めの時間帯にお越しください。
(当日、ご都合の悪い方は郵便、宅配便などによる受付をご利用ください)
部門によって受付窓口が異なりますので、円滑にご応募いただくために、多部門に出品される場合は、複数の方で作品をご持参願います。

持参の場合の出品手数料は、受付時に現金でお支払いください。

当日は、作品提出のご準備を済ませてから会場にお越しください。
カッターの使用は禁止です。床面を傷つけたり、汚したりしないようご注意ください。
会場にゴミ箱はありませんので、ゴミは各自必ずお持ち帰りください。

作品を送付する場合(郵便、宅配便、バイク便)

2022年8月18日(木)~8月25日(木)
全日午前9時~午後4時必着

川端商会 ADC係宛
〒124-0006 東京都葛飾区堀切2-16-2  Tel:03-3691-3200
※送付状記載のための電話番号となります。電話でのお問い合わせは一切受け付けません。

送付の場合の出品手数料は、下記の口座に振り込んでください。
その領収証(振込明細書)のコピーに次の3点を記入したものを作品に必ず添えて送ってください。
1)出品点数、2)送付した梱包数、3)各々の梱包の形状を簡単なイラストで描いたもの。
また、領収証のコピーが入っている梱包には「領収証在中」と明記してください。
梱包が複数の場合は、1/3、2/3、3/3のように各々に梱包数を明記してください。

【振込先】 みずほ銀行 九段支店
普通預金口座 1707180
東京アートディレクターズクラブ

グラフィック作品応募時の注意事項

  • ○応募作品には、1シリーズごとに必ず、入力した「応募フォーム」の1~2枚目のプリントアウトを貼ってください。
    1~2枚目には、メールアドレス、部門名、作品名、AD名、シリーズ点数などが記載されます。
  • ○作品に貼った「応募フォーム」の1~2枚目のプリントアウトと同じものを、別途作品に添えて必ず提出してください。その際、1~2枚目を左上でホチキス留めしてください。
  • ○「応募フォーム」は、以下の要領でプリントアウトしてください。
    1)応募フォームから、最後の「送信」をクリックすると、最初に入力したメールアドレスにGoogleフォームよりメールが届きます。
    2)メール内の「回答を編集」をクリックして、ブラウザ画面の1~2枚目を、A4サイズの用紙にプリントしてください。
  • ○作品の裏面左上に、「応募フォーム」の1〜2枚目を全面糊付けしてください。(1~2枚目は、上下、左右のいずれでも構いません)シリーズ作品の場合は、シリーズの先頭の作品に貼ってください。
    貼ることが難しい場合は、「応募フォーム」の1~2枚目を左上でホチキス留めし、添付してください。(都合、「応募フォーム」の1~2枚目を2部添付いただくことになります)
    また、ブックやジェネラルグラフィックのページものの場合は、裏表紙または裏表紙内側(表3もしくは表3対向)に、「応募フォーム」の1~2枚目を左上でホチキス留めしたものをセロハンテープなどで貼付してください。
  • ○作品の並べ方など特に希望がありましたら、指示書を添付してください。 ただし、審査員が適宜並べ替えることがありますので、ご了承ください。

応募作品を貼る台紙について

  • ○パネルや厚いイラストボードではなく、必ずケント紙程度の厚さのものを使用してください。ただし、立体作品により台紙がたわむ場合は、ある程度の厚さがあっても構いません。
  • ○発泡スチロールなどの不燃物を台紙に使用することはできません。
  • ○台紙の色については、新聞広告、雑誌広告部門は黒、それ以外の部門は特に規定はありません。
  • ○台紙の大きさについては、それぞれの部門の注意事項に沿ってください。 台紙の大きさが規定外にあたると判断された場合、基準の出品手数料以上の料金がかかりますので、ご注意ください。
  • ○台紙をまたいで作品を貼らないでください。(作品の持ち運びが困難となり、作品を破損する原因ともなりかねません)

賞について

下記ADC賞10点、会員賞3点を同時に審査し、グランプリ1点が選ばれます。
下記ADC制作者賞は、会員賞に含まれる非会員の制作スタッフで、特に認められた方に与えられるもので、人数やジャンルは限定しません。

ADCグランプリ:1点(トロフィー・50万円)
ADC賞:10点(トロフィー・10万円)
ADC会員賞: 3点(トロフィー・10万円)
ADC制作者賞
原弘賞 :1点(トロフィー)
※故原弘氏の業績を讃え、ブックデザイン、エディトリアルデザインの分野から、特にすぐれた作品に与えられる賞。

  • ・受賞者は、11月1日に、当サイトにて発表予定。
  • ・ADC展は、11月に、ギンザ・グラフィック・ギャラリー、クリエイションギャラリーG8において開催します。
    ※受賞作品・年鑑収録作品の一部については、展覧会用に再度作品をご提出願います。
  • ・年鑑収録については、2023年5月に入選通知を送付予定。
  • ・年鑑は、2023年5月中旬刊行予定。

審査員

審査には全会員があたります。

  • 青木克憲
  • 秋山 晶
  • 浅葉克己
  • 麻生哲朗
  • 天野幾雄
  • 安藤 隆
  • 井口弘一
  • 池澤 樹
  • 石岡怜子
  • 泉屋政昭
  • 一倉 宏
  • 井上嗣也
  • 井上庸子
  • 色部義昭
  • 植原亮輔
  • 榎本卓朗
  • 遠藤 享
  • 大貫卓也
  • 岡室 健
  • 岡本 学
  • 小田桐 昭
  • 柿木原政広
  • 葛西 薫
  • 上條喬久
  • 河合雄流
  • 川口清勝
  • 瓦林 智
  • 菊地敦己
  • 木住野彰悟
  • 北川一成
  • 木下勝弘
  • 工藤青石
  • 操上和美
  • 小杉幸一
  • 古平正義
  • 児玉裕一
  • 小松洋一
  • 佐々木 宏
  • 佐藤可士和
  • 佐藤 卓
  • 佐藤雅彦
  • 佐野研二郎
  • サノ☆ユタカ
  • 澁谷克彦
  • 新村則人
  • 副田高行
  • 多田 琢
  • タナカノリユキ
  • 田中秀幸
  • 田中竜介
  • 富田光浩
  • 中島祥文
  • 中島信也
  • 中嶋貴久
  • 仲畑貴志
  • 中村至男
  • 中村勇吾
  • 永井一史
  • 永井一正
  • 永井裕明
  • 西村佳也
  • 信藤洋二
  • 服部一成
  • 早川和良
  • 林 規章
  • 原 研哉
  • 原 耕一
  • 細谷 巖
  • 前田良輔
  • 牧 鉄馬
  • 松井桂三
  • 松永 真
  • 三澤 遥
  • 水野卓史
  • 宮田 識
  • 森本千絵
  • 八木敏幸
  • 八木義博
  • 山本一磨
  • 吉田ユニ
  • 米村 浩
  • 渡邉良重
  • (五十音順)

審査員長:原 研哉
年鑑編集委員会:大貫卓也  葛西 薫  河合雄流
        菊地敦己  田中竜介  富田光浩
        中島祥文  服部一成  林 規章

個人情報・応募作品の権利関係について

個人情報について

利用目的:ご提供いただいた個人情報は、下記内容に関して利用いたします。

年鑑刊行、ADC展およびADC主催のイベント開催についての通知・告知を行うため。
応募作品についての問い合わせを行うため。
今後、年鑑作品審査会を開催する際の資料として。

第三者への開示:上記の利用目的を達成するために必要な場合は、第三者に対し、ご提供いただいた個人情報を開示することがあります。

応募作品の権利関係について

応募に際しては、年鑑・ウェブサイト掲載、展覧会での作品公開の場合を想定し、著作権、肖像権などについて、応募者の責任において処理してください。
権利関係の責任の一切は応募者が負うものとします。
権利関係でなんらかのトラブルが発生した際も、東京アートディレクターズクラブでは一切の責任を負いません。

© 2022 Tokyo Art Directors Club